8月 12

Submoon Timber TEK Series

2013.08.12

Submoon TimberTek

究極のFUNシェイプ
「現代的なロッカーとコンケーブと、均等に配分したボードの厚みを、FUNシェイプの奇抜なアウトラインに組み合わせる事によって、伝統的ロングボード・スタイルのサーフィンに、よりショートボード的な縦のアプローチを可能にしました。そのアウトラインは、ライダーの両足間に惜しみなくカーブを与えており、レールを活かしてのターンを可能としています。細めのムーン・テールは食いつき・ドライブ性・直進性を与え、太く短いノーズは「チーター・ファイブ」を楽しむのに十分なエリアをボード前方部に与えています。」

Taylor Jensenによるフィードバックです。

「丁度良い2~4フィートの波があったので、あまり良くないオンショアのビーチブレイクから、キレイなポイントブレークまでにかけて色々な波でテストをした。これらボードはこれまでに乗った中間の長さのボードではもっとも楽しいボードだった。ポケットではとても反応が良く、ルースだ。まるで自分のロングボードに乗っている時のように、7′ 6″のボードでハング・テンが出来たのにはびっくりした。そして後ろにステップ・バックして、セクションでは6′ 2″のボードのようにしっかりとしたターンとテールを返す事が出来た。そのポイントでは、アウトラインを見た何人かは、ガッカリしていたが、このライディングを見ておおいに興味をもってくれた。ノーズのホールド性を保ちながらも、最速でテールの反応も最高で、このボードに乗る事はquad generated だ。」

スペック等の詳しい情報は正規ディーラー店までお問い合わせください

カテゴリー: ニュース   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>