ISSUES 2014-TECHNOLOGY-

2014

2014FIREWIRE

2014FIREWIRE

LINEAR FLEX TECHNOLOGY(LFT)

Linear Flex Technology (LFT)は、私達のボードのフレックス特性を最適化する為の探求からもたらされた、最新のテクノロジー。

LFTとは、RapidFIREに使われる内蔵カーボンロッドの代わりに、ノーズ先端からテールエンドにまで使われる高密度宇宙航空合成物を用いた18mm幅のサスペンション・システムの事。サンドイッチ構造のデッキ・シートを使う事で、従来のフォームを用いたボードに比べ圧力に強い構造となっている。またLFTはデッキ側には僅かながらも足の圧力がかかる事によって出来る稜線を防ぐ為、ボトム側から挿入され、デッキ表面の下、10mmの所までとなっている。

更には、ボードのロッカー形状に合わせて前後が細くなっているLFTによってボード中央部の強度が増し、テール部もフレックス性も増している。

LFTは、ターンに入る時と出る時の、弾けた素早いフレックス性を特徴としています。

lft_technology

lft_technology

TIMBER TEK

我々が開発したTIMBER TEK(ティンバーテック)は、環境に配慮した生産されるすべての製品もが目指す聖域に向かって意義ある前進をしています。環境負荷を与えない製造方法により、FirewireのTIMBER TEKはサーフボードの中では群を抜いて、有毒物質と炭素の排出量を減少させた未来のエコボードです。

軽量EPSコアと、育ち早いエコ木材を使ったデッキスキン、Firewire独自のパラボリックレール構造と均等なバイオレジンのホットコートの組み合わせは、既存のFirewireテクノロジーであるハイパフォーマンスなフレックス特性全てを備えながらも超軽量で耐久性のあるサーフボードを実現しました。

更に使用される原材料の物質的利点はファイバーグラスを使用しないことにより、ボードに関わる炭素排出量をも減少させることができました。言いかえれば、TIMBER TEKは最先端のハイパフォーマンスボードなのです。

こちらの新テクノロジーについては2013年春以降にBAKED POTATO Series, SPITFIRE Seriesおよび日本限定モデルとしてPOTATONATOR Seriesのモデルより販売開始予定となります。
(価格は現時点では未定になります)

timbertek_technology